Worksoberは顔認識技術を使用して、確実に従業員を確認してからアルコール検査を行います。 これにより職場、現場に間違って飲酒状態の従業員が入ることを完全に防止します。

完全な通知

次の状態の従業員をすぐにSMSで通知します:飲酒状態の従業員、シフトに遅れた従業員、飲酒テストに失敗したドライバー デバイスの位置情報を把握することができます 出勤のトラッキングができます

ヒューマンエラーの防止

自動化された使いやすい顔認識技術により、ヒューマンエラーのリスクが排除されます。 プログラムをだますことはできないので、見逃しイベントは発生しません。検査担当の従業員は従来抱えていた報告するときの道徳的なジレンマから解放され、アルコール検知はソフトウェアアプリにシフトします。

完全な自動化

検査する際の監督者は必要ありません。 システムは自動的に各従業員を識別し、必要に応じて応答します。 校正とメンテナンスはサービス提供者によって行われます。

どこでもいつでも監視ができる

管理する場所が現場から離れていても、監視ができます。 検知器がworksober.jpのシステムに接続されていれば、飲酒状態の従業員が検知されると、SMSで通知がとどきます 他の従業員の検査結果、勤怠状況、履歴などはシステムを通じて、遠隔管理、閲覧が可能です。

弊社は商品を販売するのではなく、御社にアルコール検知のサービスを販売します。

WORK「働く」+SOBER「しらふ」

従業員の飲酒検査と

勤怠管理を

スマート一括管理

運用実例のある業界

transport
運輸業
construction
建設業
security
警備
製造業
農業

動作の仕組み

校正、設定済みのアルコール検知器と必要な設備をクライアントのオフィスや現場に無料で設置いたします。
出勤時間、退勤時に定期的なアルコールチェックを行います。
チェック結果、出勤時刻、退勤時刻は自動で記録され、管理されます。
もし従業員の呼気からアルコールが検知されると、管理者にSMS(ショートメッセージ)で連絡します。
快適な操作性のインターフェイスを使えば、管理者は簡単に履歴や統計を見ることができ、必要なデータをエクスポートすることができます。
アルコールチェックに関するデータのほか、出勤時刻、退勤時刻のデータも管理されています。
Worksober本部は常にリモートでモニタリングを行っており、問題があれば解決します。
また、定期的に必要な調整や校正作業を行います。

Worksoberモバイルアルコール検知器

Worksoberのモバイル型アルコール検知器は、設置型の検知器の重要な機能をすべて搭載し、コンパクトに設計されています。軽量で使いやすく、さらに広い現場でご利用いただけます。

遠隔現場
物流車両
工場でのクイックチェック
少人数の現場の定期モニタリング
アルコールチェックなしの勤怠管理
イベントやフェス会場で
会社のイベント
警備の勤務中

© 2020 Work Sober | ワークソバー