Worksoberを運営するIPS(Innocative Process Solutions)は2015年に設立され、IT技術を駆使して、国際機関や政府、企業にITソリューションを提供してきたプロ集団です。

Worksoberは顔認識技術を使用して、確実に従業員を確認してからアルコール検査を行います。これにより職場、現場に間違って飲酒状態の従業員が入ることを完全に防止します。

事故や事件の後に使用される従来のポータブルアルコール検知器とは異なり、worksober.jpシステムは、
職場での飲酒状態を完全に排除するように設計されています。
弊社の目標は、飲酒状態の従業員が出勤したときに、代理検査や検査回避などを含めて、すべてを見逃さないことです。

株式会社BalticVisionは東京を拠点とし、主にバルト地域からの製品やサービスを日本に輸入・ローカライズし、小売卸売販売を行っている会社です。

会社概要

社名

株式会社Baltic Vision  (英語名:Baltic Vision co., ltd.)

所在地

〒167-0051 東京都杉並区荻窪3−11−5

電話番号

TEL 03−3398−7267 FAX 03−3398−7267

メール

support@balticvision.co.jp;

Work Soberアルコール検知器に関する問い合わせは info@worksober.jp

ホームページ

www.balticvision.co.jp

代表取締役社長

ゲレザウスカス アンドリュス

Gelezauskas Andrius

販売責任者名

ゲレザウスカス アンドリュス

店舗セキュリティ責任者

ゲレザウスカス アンドリュス

設立

平成29年7月27日

資本金

900万円

事業内容

小売、通信販売 、卸売、輸出入、各種マーケティング、イベント企画・運営等

主要取引先

アマゾンジャッパン合同会社、ヤフー株式会社、楽天株式会社その他

取引銀行

東京三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行

© 2021 Work Sober | ワークソバー